研究室メンバー|日本医科大学・先端医学研究所 病態解析学部門・分子細胞構造学分野

研究室メンバー

福原 茂朋 (Shigetomo Fukuhara, Ph.D.)・教授
藤原 正和 (Masakazu Fujiwara, Ph.D.)・助教
弓削 進弥 (Shinya Yuge, Ph.D.)・助教
盧  承湜 (Seung-Sik Rho, Ph.D.)・助教
西村 祐介 (Yusuke Nishimura, Ph.D.)・博士研究員
友利 裕二 (Yuji Tomori, M.D., Ph.D.)・博士研究員(整形外科・リウマチ科)
野一色 千景 (Chikage Noishiki, M.D.)・大学院生(形成外科)
新井 桃子 (Momoko Arai, M.D.)・大学院生(腎臓内科)
小栗 エリ (Eri Oguri)・テクニカルスタッフ
一宮 治美 (Harumi Ichimiya)・テクニカルスタッフ
加藤 久充子 (Kumiko Kato)・秘書兼技術スタッフ
教授 福原 茂朋 Shigetomo Fukuhara, Ph.D. s-fukuhara@nms.ac.jp

1992年
筑波大学第二学群農林学類卒業
1994年
筑波大学大学院修士課程医科学研究科修了(宗像英輔教授)
1997年
筑波大学大学院博士課程農学研究科修了(宗像英輔教授)
1996~1998年
日本学術振興会・特別研究員(宗像英輔教授)
1997~2000年
米国国立衛生研究所(NIH)・客員特別研究員(J. Silvio Gutkind博士)
2000~2003年
熊本大学 発生医学研究センター・助手(栗原裕基教授)
2003~2005年
国立循環器病センター研究所 循環器形態部・室員(望月直樹部長)
2005~2010年
国立循環器病センター研究所 循環器形態部・室長(望月直樹部長)
2010~2016年
国立循環器病研究センター研究所 細胞生物学部・室長(望月直樹部長)
2016~現在
日本医科大学 先端医学研究所 病態解析学部門・教授

体の中の細胞を解析する”in vivo細胞生物学研究“を実践することで、血管形成をはじめとした様々な生命現象を明らかにしていきます。生きた個体の中の細胞の振る舞いを直接目で見て観察していると、思いもよらない現象に出会うことがあり、とてもエキサイティングです。
目先の利益ばかりにとらわれず、将来、教科書に載るようなしっかりとした研究をしていきたい!趣味は、スポーツ観戦とビール。


助教 藤原 正和 Masakazu Fujiwara, Ph.D. fuji@nms.ac.jp

1995年
筑波大学第二学群生物学類卒業
1997年
筑波大学大学院修士課程バイオシステム研究科修了
(太田成男教授・林純一教授)
1998~2004年
日本医科大学 老人病研究所 病理部門・助手(川並汪一教授)
2004~2015年
日本医科大学 老人病研究所 病理部門・助教(川並汪一教授)
2015~現在
日本医科大学 先端医学研究所 病態解析学部門・助教(福原茂朋教授)

2004年
博士(医学)日本医科大学にて論文により学位取得
血管新生の形成メカニズムを明らかにするために、ゼブラフィッシュを用いたタイムラプスイメージング解析を行っています。血管内皮細胞がお互いにどのように影響しあって一方向に移動するのか、その協調的なメカニズムを明らかにしたいです。
Baby steps


助教 弓削 進弥(理学博士) Yuge, Shinya, Ph. D. s-yuge@nms.ac.jp

2001年
早稲田大学教育学部理学科生物学専修 卒業
2003年
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻修士課程(東京大学海洋研究所〔現大気海洋研究所〕 竹井祥郎教授) 修了
2006年
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻博士課程(東京大学海洋研究所〔現大気海洋研究所〕 竹井祥郎教授) 修了
2006~2008年
ミズーリ大学コロンビア校医学部放射線医薬学研究所(Forte, L.R.教授)博士研究員
2009~2013年
ミシガン州立大学農学天然資源研究科水産野生生物学部門(Li, W.教授)博士研究員
2013~2016年
国立循環器病研究センター研究所細胞生物学部(望月直樹部長)
流動研究員
2016~現在
日本医科大学先端医学研究所病態解析学部門(福原茂朋教授) 助教

成体の血管新生を、世界に先駆けて独自に開発したイメージング手法で研究しています。近年飛躍的に発展している血管生物医学研究では、イメージングにより生きた個体での血管新生過程が解析されます。しかしその多くは胚で行われており、成体での創傷時、癌増殖時などにおける血管新生をライブで解析するのは困難でした。私たちは、成体のライブイメージングを可能にし、同手法で成体の血管新生のメカニズムを明らかにしようとしております。
元々は海洋・水産・比較生物の研究者です。しかし、生命科学の発展についていきたい、何か新しいことを開拓したいと思い、いろいろな研究分野に取り組ませていただきながら、今に至ります。今思うのは、教科書やノートによる基礎の勉強をいつでも続ける大切さと、どんな経験もどこかで生きる可能性です。


助教 盧 承湜 Seung-Sik Rho, Ph.D. seungsik-rho@nms.ac.jp

2001.03 ~ 2005.02
B.S. Department of Molecular Biology, College of Natural Science, Pusan National University, Pusan, Korea
2005.09 ~ 2012.02
Ph.D. Department of Biochemistry, College of Life Science and Biotechnology, Yonsei University Graduate School, Seoul, Korea
2012.03 ~ 2013.02
Postdoctoral Fellow. Department of Biochemistry, Yonsei University, Seoul, Korea
2013.04 ~ 2016.03
Postdoctoral Fellow. Department of Cell Biology, National Cerebral and Cardiovascular Center Research Institute, Osaka, Japan
2016.04 ~ Present
Assistant Professor. Department of Molecular Pathophysiology, Institute for Advanced Medical Sciences, Nihon Medical School, Kawasaki, Japan

Currently, I have been investigated the molecular mechanism in hematopoietic stem cell (HSC) development.
Whatever you think, once try.
I like to climb mountain and drink beer.


研究員 西村 裕介

2011年~2013年
筑波大学大学院生命環境科学研究科バイオシステム専攻修了
(王碧昭教授)
2013年~2016年
筑波大学大学院生命環境科学研究科生命産業科学専攻修了
(王碧昭教授)
2016年~2017年
筑波記念病院(臨床工学技士)
2017年~現在
日本医科大学 先端医学研究所 分子細胞構造学(福原茂朋教授)博士研究員
研究内容
発生期腎臓におけるangiogenesisとvasculogenesisによる血管形成メカニズムの解析を行うため、ゼブラフィッシュやマウスを用いて研究をしています。
ひとこと
医療に貢献できるような研究をしていきたい。


博士研究員 友利 裕二


大学院生 野一色 千景

2015年
日本医科大学大学院入学
基礎研究の勉強をすべく福原先生の門戸を叩きました。次々と新しい発見に遭遇する毎日です。


大学院生 新井 桃子



テクニカルスタッフ 小栗 エリ



テクニカルスタッフ 一宮 治美


秘書兼技術スタッフ 加藤 久充子